Amazonの欲しい物リストの使い方!

Amazonには「欲しい物リスト」という機能があります。

膨大な商品の中から自分が興味のある商品をリスト化できますので、今すぐに必要ではないけど欲しい商品というものを記録しておく事ができます。

また、そのリストは公開する事で第三者がプレゼントするというのも可能です。

そんな便利な機能であるAmazonの欲しい物リストについてご紹介します。

Amazonの欲しい物リストのサービス概要

欲しい商品を一括管理

Amazonには膨大な量の商品があるので、気になる商品ごとにブックマークなどをしていると数え切れない量になってしまいます。

それらを全て同じ1つのリストの中にて管理できるので便利です。

また、リストは複数個作成が可能なので商品のジャンルや目的に応じて別個のリストで整理したりという使い方もできます。

プレゼント選びの参考に

誕生日や記念日などでプレゼントを贈りたいという場合に一番の悩みなのが「どの商品をプレゼントしようか」という事です。

相手に喜んで欲しいけど、気に入ってもらえるかどうか分からない…という場合でも、相手が公開したリストを見てプレゼント選びの参考にする事ができます。

更に、そのリストの中から直接商品を購入して送ることもできるので相手の欲しい商品をプレゼントする事ができます。

匿名での発送や受取も可能

欲しい物リストを介して商品のプレゼントをする際には、匿名での受取が可能です。

プライバシーなどの問題で氏名や住所を公開するのは抵抗がある…という方でも公開設定などをすることによって安全に行うことができます。

送り手側も同様で、自分の氏名や住所を発送伝票に記載せずに送るという方法があるので結果的にお互いに最終的なプライバシーは保たれた状態でプレゼントのやりとりができます。

そういった理由から、自分のリストをSNSやブログなどで公開するという事のハードルが低くなり利便性もぐっと高まっています。

Amazonの欲しい物リストの使い方

それでは、欲しいものリストの基本的な使い方について解説していきます。

まずは前提として自身のアマゾンアカウントが必要となりますので、アカウントを持ってない方は「アカウント作成ページ」から新規登録をします。

入力していただく項目は

1.名前(本名以外でもOK)
2.フリガナ
3.Eメールアドレス
4.パスワード
5.確認用パスワード

アマゾンアカウント作成

入力が終わったら「Amazonアカウントを作成する」を選択すればアカウント作成が完了します。

Eメールアドレスとパスワードは次回からのAmazonアカウントのログインの際に必要になりますので忘れずに管理しましょう。

Amazon欲しい物リストの新規作成

アマゾンのトップページにアクセスします。

アカウント&リストから「新しいリストを作成する」を選択。

アカウント&リスト

リストを作成する」を選択して

リストを作成する

作成する欲しい物リストの名前を入力します。

入力したら「リストを作成」を選択。

リスト作成ボタン

以上でリストの作成が完了しました。

欲しい物リストの削除方法

トップページから「アカウント&リスト」の「欲しい物リスト」を選択。

削除したいリストの「その他」から「リストの設定」を選択。

表示された「管理リスト」から一番下の「リストを削除する」を選択。

このリストを削除してもよろしいですか?」と表示されるので「はい」を選択

以上で削除が完了します。

商品を追加する

アマゾンにて商品を探します。

商品ページから「欲しい物リストに追加する」を選択すればリストに商品が追加されます。

リストに追加する

 

リストが複数ある場合は「下アイコン」から商品を追加したいリストを選択する事ができます。

また、ここからも新たなリストを新規作成が可能です。

リストの選択

追加しました」と表示されたら完了です。

リストを見る」から追加した全ての商品を確認することができます。

リストに追加完了

公開して共有する

欲しい物リストを公開する際には3通りの公開設定があります。

まずは「公開設定」から行う方法です。

欲しい物リストのページから「その他」の「リストの設定」を選択。

リストの設定

管理リストのメニューから、「公開/非公開の設定」を選択して公開範囲を決めることができます。

それぞれの設定内容は以下のとおりです。

■公開:Amazonの利用者の全てがリスト検索によって閲覧が可能
■リンクをシェアする:リンク用のURLを知っている方のみ閲覧可能
■非公開:自分以外はリストを閲覧する事はできない

リスト公開設定

以前までは「欲しい物リストサーチ」という機能で、アマゾンの登録している名前やEメールアドレスによって公開状態になっている欲しい物リストが検索・閲覧できましたが現在は使用が変更されできなくなっています。

リストをシェアする方法

リストをシェアするには専用のURLを発行して、それを自分のSNSやブログなどに貼り付けて公開します。また、Eメールでリストの公開URLを相手に送るという方法もあります。

欲しい物リストのページから「+招待」または「リストの共有」を選択。

リストの共有方法

リストに他のユーザーを招待」という画面が表示されます。

表示のみ」もしくは「表示して編集」のどちらかを選択して「リンクのコピー」を選択します。

Eメールで招待したい場合は「Eメールで招待」を選択するとメール画面が起動します。

リンクのコピー

表示して編集」の場合は共有された(URLを知っている方)すべての方がリストを閲覧するだけでなく商品の追加や削除までできてしまうので不特定多数に公開する場合は「表示のみ」を選択しましょう。

匿名にて欲しい物リストからプレゼントを受け取る方法

欲しい物リストをSNSで公開してプレゼントを送ってもらう際に、自分の本名や住所が相手に知られてしまうとプライバシーの面で心配という方もいると思います。

そこで、匿名にてプレゼントを受け取る方法をみていきましょう。

まずは名前の変更です。アマゾンのアカウントを本名で登録している場合は送り先の名前も本名で表示され、相手に知られてしまうので都合の悪い方は変更しましょう。

欲しい物リストのページから「その他」を選択、「リストの設定」を表示させます。

欲しい物リストの設定

受取人の欄にお好きな名前を入力する。

受取人名

プレゼントの送り手側にもココで設定した名前が送り先名として表示されるようになります。

次に、住所の設定です。

お届先住所」には正式な自分の住所を設定します。

次に、その下の項目にある「第三者の出品の商品の発送同意書」という箇所にチェックを入れます。

第三者の出品の商品というのは所謂「マーケットプレイス」での商品という意味で、Amazonが販売および発送する商品はこれに含まれません。

第三者の出品の商品の発送同意書

これで相手に住所を知られずにプレゼントを受け取ることができます。とは言え、注意書きにあるように「システムの都合上、匿名化されない場合があります」と記載されいるので100%匿名性が保たれるという事ではないようです。

これは、商品の購入先のマーケットプレイスや配送業者によって情報の取扱方が異なる事によるものなのでアマゾン側では防ぎようのないケースがありますよというものらしいです。

少しでも匿名性を高めたいという場合は、マーケットプレイスでの商品は欲しい物リストにいれずにAmazonの商品のみをリストに追加・公開するのが良いでしょう。

設定が完了したら「変更を保存」をお忘れなく。

匿名にて欲しい物リストからプレゼントを贈る方法

受け取る側と同じく、送り手も匿名でプレゼントを送る事ができます。

まずは、相手の欲しい物リストにアクセスします。

リスト内からプレゼントしたい商品を選んで「カートに入れる」を選択。

欲しいものリスト商品

ここで大事なのが、「ギフトの設定」のチェックを外すことです。

ギフトの設定にチェックが入っていると、送り手の名前や住所が相手に伝わってしまいます。

よって、忘れずに外しておきましょう。(デフォルトではチェックが入ってる状態になってる事が多いです)

※商品によってはギフトの設定が出来ない商品が存在します。その場合は「ギフトの設定」の表示がないので、そのまま購入を進めていって大丈夫です。

確認が終わったら「レジに進む」または「カートを見る」から購入の手続きを進めていきます。

ギフトの設定

商品の発送先を指定します。

相手側が住所を非公開にしている場合は「(プライバシーの保護のため、お届け先はすべて表示できません)」と表示されます。

この住所に届ける」を選択。

お届け先の住所

次にお支払い方法を選択するのですが、その際は「Amazonギフト券でのお支払い」を推奨します。

理由としては、クレジットカードでお支払いした場合は納品書にクレジットカードに紐付けされている請求者の名前や住所が記載される場合があるからです。

2021年現在ではAmazonが販売・配送する商品に関しては納品書は同梱されないようですが、マーケットプレイスなどの場合は納品書が同梱される可能性があります。

Amazon欲しい物リストのまとめ

Amazonの欲しい物リストは、単に自分が興味ある商品をリスト化するだけでなく、そのリストをSNSなどで公開することによって第三者が購入(プレゼント)する事ができるという機能も備わっています。

誕生日や記念日などでプレゼントを貰う予定がある際に、「相手に商品選びの手間をかけさせたくない」という場合などにも活用できるでしょう。

また、公開設定を限定する事で特定の人にだけリストを公開する事もできますし、お互いに匿名でプレゼントを贈ったり受け取ったりという設定も可能です。

まとめとして、送り主は「リストの設定」から受取人の名前を任意のものに変更し「第三者の出品の商品の発送同意書」のチェックを入れる事で匿名性がかなり保たれます。しかし、発送状況の確認などから都道府県や最寄りの配送センターの名称などは把握されてしまうという事です。

送り手側としては、「ギフトの設定」を外した状態で更に「Amazonギフト券でのお支払い」を選択する事で氏名や住所を知られるリスクを防ぐことができ、ダンボールに記載される発送元の欄は「Amazon.co.jp」と記載されるようになります。