Amazonギフト券の1000円分を購入する方法

Amazonギフト券の1000円分ってどこで売っているの?
コンビニなどでは1500円からしか販売していないようですが、実は買える場所はたくさんあるのです!
今回はAmazonギフト券1000円分の購入場所や、決済方法をお教えいたします。

Amazonオンラインストアで1000円分が購入できる

「Amazonで欲しいものが999円…Amazonギフト券1000円分だけ購入できないの?」
と困る方もいるかと思います。
1000円分だけのAmazonギフト券が欲しい場合には、Amazonオンラインストアで購入する事ができます。

オンラインストアで販売されている種類はたくさんありますが、1000円分の販売は種類が限られています。
4種類のギフト券が購入可能となっています。

Eメールタイプ

EメールタイプのAmazonギフト券

支払い方法…クレジットカード
購入可能金額…15円~50,000円まで1円単位で金額指定可能

EメールタイプのAmazonギフト券は、指定したEメールアドレスにギフト券番号が送られてくるタイプとなっています。
プレゼント用にはもちろん、自分のアドレスに送る事で自分用に送ることも可能です。
デザイン性に優れており、Amazonが用意しているデザインや送り主が指定した写真などをデザインにする事ができます。

印刷タイプ

Amazonギフト券印刷タイプ

購入後にEメールアドレスににPDFファイルが送られてきます。そのPDFファイルを開き自分で印刷するタイプのギフト券です。
デザインは30種類以上ありどちらかというとプレゼント用ですが、プリンターがないと相手に送る事ができません。
メリットとして、自筆のメッセージを印刷した紙に書ける点などがあげられます。

支払い方法…クレジットカード
購入可能金額…15円~50,000円まで1円単位で金額指定可能

グリーティングカードタイプ

グリーティングカードタイプのAmazonギフト券

グリーティングカードタイプも印刷タイプと同じくプレゼント用です。
印刷タイプは自分で印刷しなければなりませんが、グリーティングカードタイプの場合はその必要はありません。
グリーティングカードが送られてきて、その中にカードタイプのギフト券が同封されています。
このタイプは金額指定ができませんが、1000円のものがあります。

支払い方法…クレジットカード、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー
購入可能金額…1000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、50,000円

チャージタイプ

チャージタイプのAmazonギフト券

自分用に購入するのであれば、一番オススメなタイプとなっています。
チャージタイプはコードが発行されず、登録する手間がありません。
購入と同時に自動的にアカウントにチャージされます。
自分用に最も適したAmazonギフト券となっています。

更に、現金払いをすると購入額によってポイント還元される唯一の種類です。
お得に購入したい方はチャージタイプがおすすめです。

1000円分のAmazonギフト券購入手順

上記で紹介した種類が、1000円分を購入できるAmazonギフト券です。
自分の欲しいタイプを改めて確認し、実際に購入してみましょう。
今回はEメールタイプを購入する手順を紹介します。

  1. Amazonオンランストアにて、メニューにある「ギフト券」を選択、または検索バーにて「Amazonギフト券 Eメールタイプ」などと検索
  2. 商品をタップし、デザインなどを選択
  3. 金額を決めましょう。
    この時に「¥1,000」を選択するか、金額を入力欄に1000と入れましょう。
  4. 受取人のメールアドレスを入力します。自分用に購入するのであれば、自分のメールアドレスを入力しましょう。
    プレゼント用であれば相手のメールアドレスを入力し、贈り主とメッセージを入力してカートに入れます。
  5. レジに進み、支払い方法を選択
  6. 注文を確定するボタンを押して、購入完了

以上で1000円分のアマギフを購入する事ができます。
アマギフが購入できれば、あとはアカウントにチャージするだけです。
チャージタイプの場合、チャージ作業は不要です。

Amazon以外でも1000円分は購入可能!

ここまでAmazonオンラインストアで購入する方法をお教えしましたが、実はAmazon以外でも1000円分を購入する事ができます!
Amazon以外で販売されている二つの場所をお教えしますので、購入時の参考にしてみてください。

ヤフーオークション

ヤフオク

ヤフーオークションではAmazonギフト券が多く出品されています。
オークションなので1円から出品されているのもありますが、基本的には即決で出品されています。
1000円分の場合1070円で出品されていたりしますが、うまくいけば定価より安く購入する事も出来ます。
一度検索してみてみることをオススメします。

ギフト券売買サイト

amaten

ギフト券売買サイトとは、ギフト券を購入したい人と売りたい人がうまくマッチングするようになっているサイトです。
売りたい人は出品し、買いたい人は購入する仲介サイトとなっています。

ギフト券売買サイトにも多くのAmazonギフト券が出品されており、基本的に千円以下で購入する事ができます。
もっと大きい金額になると、時期によっては20%オフで購入できたりとお得です。

おすすめはamatenまたはアマオクというサイトとなっています。
アマギフ以外の他にもiTunesカードなどが販売されています。

デメリットも存在する

1000円分を購入できるAmazonオンラインストア以外の場所を紹介した二つの場所ですが、同じようなデメリットがあるという事を覚えておいてください。

まずは、会員登録が必要な事
ヤフオクを利用するにもギフト券売買サイトを利用するにも、新規会員登録をしなければなりません。
この作業が少々面倒だと思う方も多いと思います。
また、ギフト券売買サイトに関しては、アカウントに金額をチャージして購入するといった方法となりますので、直接的にクレジットカード購入などができないというのが難点です。

そしてもう一つですが、Amazonギフト券のコードが無効になる可能性があります。
Amazonの利用規約ではギフト券の転売が禁止となっています。
その為、Amazon側からいきなりギフト券を無効にされる対処が行われる可能性があります。
今でさえかなり少なくなりましたが、以前は転売された多くのアマギフが無効化されていました。

以上のデメリットがあるという事を踏まえて利用するようにしてくださいね。

コンビニで1000円分は購入できない

ダメとポーズしている女性

一番有名な販売店といえば、コンビニですよね。
多くのギフト券が陳列され販売しています。

そんなコンビニでは、千円分のAmazonギフト券は購入する事ができません。

コンビニでは最低1500円から

コンビニで購入できる最低金額は「1,500円」となっており、最大金額は50,000円です。
コンビニでは1000円分がないので、購入は1,500円から購入するしかありません。
また、1,500円から購入できるのはカードタイプの「バリアブル」のみになっています。
バリアブルは、1.500円~50,000円まで、1円単位で金額を指定できるタイプです。

コンビニで購入できるのは2種類

2種類のタイプがコンビニでは販売されています。
皆様が見覚えのあるであろう、先ほど紹介した「カードタイプ」
そしてマルチメディア機から発行して購入する事ができる「シートタイプ」
この2種類です。

カードタイプ

陳列されているギフト券

多くの方が目にしたことがあるはずのカードタイプです。
裏面に記載されているコードをアカウントに登録する事で使用する事ができます。

このカードタイプはコンビニだけでなく、家電量販店やスーパー、ツタヤなどでも購入する事ができます。
様々なところで販売されていますね。

支払い方法…現金のみ
購入可能金額…3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、バリアブルタイプ(1,500円~50,000円の間を1円単位で金額指定)

シートタイプ

チケットを発行する際に使うマルチメディア機を使って発行するタイプのアマギフです。
正直なところあんまり使う人はいないですが、カードタイプで欲しい金額のAmazonギフト券が品切れになっていた場合に使う事ができます。

支払い方法…現金のみ
購入可能金額…2,000、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円

Amazonギフト券の1000円分は購入場所まとめ

Amazonギフト券が1000円で購入できる場所を紹介しました。

  • Amazonオンラインストア
  • ヤフーオークション
  • ギフト券売買サイト

この3つで購入する事ができます。
ただしヤフーオークションとギフト券売買サイトにはデメリットも存在するので、よく考えてから購入するようにしましょう。

自分用に購入するのであれば、チャージタイプのAmazonギフト券が一番オススメです。
コードを登録する事なく利用する事ができますし、支払い方法が豊富です。

千円分のAmazonギフト券を有意義に使ってみてくださいね。