Amazonギフト券の登録を取り消しする方法!

Amazonギフト券を間違えて登録した際に取り消しする方法についてご紹介します。

Amazonギフト券は自身のアカウントにチャージする事で初めて使用する事ができるのですが「チャージするアカウントを間違えた」「やっぱり人に譲渡したい」などの理由で登録を取り消ししたいと思う利用者もいると思います。

そういった疑問について解説して行きたいと思います。

登録済みのAmazonギフト券の取り消しはできない

大前提として、一度アカウントに登録してしまったAmazonギフト券については取り消しができません。

ですので、そのアカウントを使ってアマゾンのお買い物に利用するより他ない状態になります。(Amazon Payに対応したECサイトでのお支払いにもギフト券残高が利用できます)

従って、登録する際はログインしているアカウントをしっかりと確認する事と「本当に登録して良いか」を考慮した上で行いましょう。

Amazonギフト券は登録前と後で有効期限や価値が変わることはありませんので、実際にアマゾンでの使い道ができた時点でチャージするという使い方でも問題ありません。

因みに、登録した際はギフト券の額面全てがチャージされます。複数回に小分けしてチャージするという事はできませんのでご注意下さい。

登録済のAmazonギフト券は買取もできない

Amazonギフト券などの電子ギフト券の買取サイトでは、あらゆるタイプのギフト券を買取しております。

しかし、一度アマゾンアカウントに登録してしまったものに関しては買取ができません。

どうしても登録済みのギフト券残高を現金化したいのであれば、アマゾン内で販売されている商品を購入して売却するという形となります。

メルカリやYahooオークションなどを使って自分で出品するか、中古買取り店に持っていくかの方法で現金化が可能です。

しかし、アマゾンで購入できるいかなる換金性の高い商品よりもAmazonギフト券の方が遥かに現金化率が高いのも事実です。

少しでもお手持ちのギフト券を現金化する可能性があるのであれば、アカウントには登録せずにおいた方が良いでしょう。

デジタルタイプAmazonギフト券の購入取り消しは不可

デジタルタイプのAmazonギフト券は支払い完了後においての購入取り消しは不可です。

デジタルタイプというのは以下の3種類の事を指します。

  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • チャージタイプ

Eメールタイプと印刷タイプは購入後すぐにEメールにてギフト番号が記載されたメールが発送されるので購入の取り消しが出来ないのです。

チャージタイプの場合は購入後すぐに自身のアカウントに残高チャージされるので、こちらもまた取り消しができません。

※チャージタイプの支払い方法をクレジットカードではなく「コンビニ払い」等にした場合は、自身のEメール宛に「支払いの案内」が届きます。その支払期限内に支払いを行わなければ自動的にその注文は取り消しとなります。

Eメールタイプの購入を取消しできる唯一の方法

Amazonギフト券送信予約

Eメールタイプは、購入時に「送信日」の設定ができます。

当日から1年先までの日程で送信の予約が出来るのですが、その送信予定日の2日前であれば取り消しが可能なのです。

注文履歴から送信の取り消しをしたいAmazonギフト券Eメールタイプに表示されている「注文をキャンセル」という箇所からキャンセルが行えます。

これによりギフト券が送信される事もなく、支払い済みの金額も返金されます。

配送タイプのAmazonギフト券の購入は取り消し可能

配送タイプと呼ばれる以下のタイプのAmazonギフト券であれば購入の取り消しが可能です。

  • 商品券タイプ
  • ボックスタイプ
  • 封筒タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • マルチパック

これらのAmazonギフト券は配送を伴いますので、商品の購入が確定されてから発送準備に入る段階であれば取り消しが可能となります。

ただし、Amazonギフト券に関してはアマゾンが販売しているので発送準備に入るまでのスピードが非常が早いと思われますので、取り消しのタイミングは支払いをしてから数十分~数時間程度という短い期間である事を覚えておきましょう。

配送タイプAmazonギフト券の購入取り消し手順

アマゾンのトップページから「注文履歴」を選択。

Amazonギフト券のキャンセル手順

キャンセルしたいAmazonギフト券の「注文をキャンセル」を選択。

Amazonギフト券のキャンセル方法01

「キャンセルの理由をお選び下さい」を選択。

Amazonギフト券のキャンセル方法02

キャンセルの理由を一覧の中から選択して「この注文の選択された商品をキャンセルします」を選択。

Amazonギフト券のキャンセル方法03

以上で完了です。

Amazonギフト券のキャンセル方法04

登録したAmazonギフト券が取り消される事がある?

登録済のAmazonギフト券は自分では取り消すことはできませんが、アマゾン側は全てのお客様のアカウントに登録されている残高を取り消しする権限をもっています。

取り消しとはつまり「没収」という意味で、完全に使えなくなるという事です。

厳密にはアカウントの凍結という形で本人を含めた全ての人がアカウントにログインする事ができなくなります。

なぜこのような事が起こるのかというと、原因は幾つか存在します。

セラーの規約違反

アマゾンでは自分が出品者となって商品を販売する事ができる「セラーアカウント」というものがあるのですが、そのセラーアカウントの使い方がアマゾンの規約に反していた場合はアカウントの取り消しが行われる場合があります。

具体的には以下のような原因である事が多いようです。

  • 複数のアカウントで運営している
  • 違法な商品を販売している
  • 不正に登録したアカウントである

他にも様々な要因が重なって審査が行われます。

アカウントが停止する際は同時にペナルティ報告を受ける事があり、そこに記載された改善点を修正する事でアカウントの停止が解除される事があります。

もちろん問答無用で一発レッドカードという事もあるので、その場合は解除する方法は無いと思って良いでしょう。

不正なAmazonギフト券を利用した

不正に入手したAmazonギフト券をアカウントに登録した事がアマゾンに知られると、そのアカウントは無効化される場合があります。

無効化されるだけでなく、アカウント自体を凍結されてしまう事も。

原因として最も多いのが「転売されたAmazonギフト券」を利用したというのが最も多いです。

アマゾンでは転売サイトから購入したギフト券に関しては規約違反としてペナルティを与えるとアナウンスしております。

Amazonギフト券の登録を取り消しする方法まとめ

一度チャージしてしまったamazonギフト券に関しては取り消すことができませんが、購入直後の配送タイプであったり限定的な状況下においてはキャンセルのチャンスが残されているという事がわかりました。

Eメールタイプ・印刷タイプ・チャージタイプなどの所謂「デジタルタイプ」をクレジットカード購入した場合は、いかなる理由であっても購入の取り消しはできませんので、購入の際には金額を良く確かめた上で慎重に注文の確定を行うようにしましょう。

もし、間違えて購入してしまった際には弊社買取サイト「買取本舗」にて現金化する事で損失を最小限におさえた状態で現金として取り戻すことができます。

振込手数料無料で迅速な振込で24時間お申し込みをお待ちしております。

買取本舗

買取本舗公式サイトを見る