未成年でもAmazonギフト券の換金・買取は可能?

手元にあるAmazonギフト券を換金したいと考える人は、少なくありません。

そんな人のために、買取業者が存在しているのです。

 

しかし、未成年だと、買取りを断られて困ってしまいますよね?

 

この記事では、未成年がAmazonギフト券を換金する手段についてご紹介していきます。

 

Amazonギフト券は未成年だと買取不可!

結論からお伝えすると、Amazonギフト券の買取サイトでは、未成年が取引できません。

おそらく、ほとんどの買取サイトが、保護者の同意書があったとしても取引に応じてくれないと思います。

 

未成年でも買取してくれる業者は、悪質業者の可能性が高いです。

 

相手にしてくれる業者を探したくなるかもしれませんが、それは止めておきましょう。

お金をもらえずにせっかくのAmazonギフト券を取られてしまったり、個人情報を取られてしまったりなど、危険がいっぱいです。

 

未成年は、自分でAmazonギフト券を売ることができないことを理解した上で、では、Amazonギフト券を売りたい場合はどうしたらいいか、考えていくことにしたいと思います。

 

未成年がAmazonギフト券を換金する方法

未成年がAmazonギフト券を売りたい場合は、周りの人を巻き込む必要があります。

巻き込みパターンがいくつかありますので、ご紹介しますね。

 

友達・家族に買ってもらう

Amazonギフト券を欲しがっている友達はいませんか?

 

普段アマゾンで買い物している人なら、Amazonギフト券を買い取ってくれる可能性大!

 

友達や家族に聞いてみてください。

アマゾンを利用している人は多いものです。

身近な人に直接買ってもらうのが、一番楽で安全。少々値段を安くするから買って!等と値引きをすると良いですね。

この記事でご紹介する方法の中で、最もおすすめの方法です。

 

親に買取サイトで売ってもらう

買取サイトは、保護者の同意があったとしても未成年者との取引はしません。

保護者の同意があれば、法律上は未成年でも取引可能なのですが、業者が一方的に損をする可能性があります。

 

買取サイトを利用する際は、親に取引してもらう必要があります。

 

まずは、親に相談してみましょう。

 

信頼できる成人の友達に取引を代行してもらうこともできますが、万が一、取られてしまったら関係が壊れてしまいかねません。

他人には、取引代行してもらうより、直接買ってもらった方がお互いのためにいいでしょう。

 

ネットオークションで売る

あまりおすすめしませんが、保護者の同意があればネットオークションで売ることは可能です。

 

ただし、ネットオークションは、未成年者の出品と分かると、未成年者の個人情報を所得するために落札するような人もいますので、危ないです。

親に代行してもらいましょう。

 

ネットオークションは、慣れない人が利用しても難しいので、買取サイトの利用がおすすめです。

親に協力してもらってAmazonギフト券の換金に成功する秘訣

保護者の中には、買取サイトで取引することを嫌がる人もいるでしょう。

買ってほしいといっても、なかなか現金を出してくれないかもしれません。

そんなときでも、きちんと説得できれば、現金を引き出すことができますよ。

 

保護者が納得しやすい材料をご紹介しますので、上手に説得してみてくださいね!

 

有効期限まで時間がないことを伝える

有効期限が近いときに使える手です。

まずは、Amazonギフト券には有効期限があり、有効期限が過ぎると、使えなくなってしまうことを伝えましょう。

そして、「今は買いたいものがない」と説明します。

 

大人は、「今決めないと損をする!」というタイムプレッシャーに弱い人が多いので、意外とあっさりOKを貰えるかもしれませんよ。

アマゾンには購入したいものがないことを伝える

アマゾンで買いたいものがないなら、そのことを伝えましょう。

そして、最も大切なポイントは、換金したお金で何をしたいのかを伝えることです。

そのお金の使い道に説得力があるかどうかが、成功のカギを握っているでしょう。

交換条件を考える

渋られたときには交換条件を出してみましょう。

「取引を代行してくれたら、お風呂掃除を手伝うから!お願い!」など、何かメリットがあれば、親も動いてくれやすいです。

 

できれば、交換条件なしに手伝ってほしいところなので、これは奥の手です。

でも、あらかじめ考えた上で交渉することをおすすめします。

 

親を説得しやすい優良買取サイト

親がAmazonギフト券を使うなら、直接買ってもらうのが一番です。

でも、Amazonギフト券を使わない親の場合は、それを換金する方法として、買取サイトを教えてあげましょう。

 

親が買取サイトでの取引に消極的だとすれば、信頼できないと感じているからだと思います。

そのため、見た目から信頼できるサイトであることが大切。

親を説得しやすい優良サイトなら、当サイト買取本舗にお任せ下さい。

Amazonギフト券買取業界ナンバー1の換金率を誇り、振り込みスピードも他社に劣らず365日24時間営業しています!

未成年の方は利用する事が出来ませんが、親に頼んで売りたいという方は是非お申込み下さい。


https://gifthonpo.net/

 

Amazonギフト券を使って購入した商品をショップに売る方法もある

未成年でも自力でAmazonギフト券を換金する可能性がないわけではありません。

Amazonギフト券を使い、ゲームなどを購入し、リサイクルショップに買取りしてもらう方法です。

 

有名なところで、ゲオ、 ブックオフなど、18歳・19歳(高校生以外)なら保護者の同伴なしで買取りしてもらえるショップがあります。

 

高校生の場合は、保護者の同意書が必要です。店舗から保護者に電話確認も入る可能性があります。

 

多くのリサイクルショップでは、20歳以下は保護者の同伴か同意書が必要です。

ショップによって対応が異なりますから、事前によく確認しておきましょう。

 

「取引は親、振込口座は自分の口座」はNG

保護者に買取サイトで取引してもらう際、親の名前で取引してもらい、自分の口座に振り込んでもらうことはできるのでしょうか?

 

残念ながら、取引に使う口座は、申込者の口座しか使えません。

 

たとえ親子でも、名義人が違えばダメ。

買取サイトからお金が振り込まれてから、親からお金をもらうしかないのです。

 

未成年からAmazonギフト券の買取ができない理由

そもそも、なぜ、未成年では単独でAmazonギフト券の買取をしてもらえないのでしょうか?

 

それには2つ理由があります。

・家の物を勝手に持ち出してきているかもしれない

・未成年のした契約行為は、親が無効に出来てしまう

 

特に二つ目の理由が大きいですね。

未成年から買取した場合、親に「返せ」と主張されると返すしかありません。

もし、すでに販売した後でその商品がない場合、賠償金請求に発展する可能性があります。

買取業者からすると、リスクが高すぎる取引になってしまうのです。

 

さらに、2016年に「青少年保護育成に関する条例」が制定され、リスクがとてつもなく大きくなりました。

親の同意書があったとしても、危険すぎて関わりたくないと考える業者が多いのです。

 

最強手段は「成人まで待つ!」

未成年は、自力でAmazonギフト券を買い取りしてもらえる方法がほとんどありません。

 

でも、親に協力してもらいづらい場合は困ってしまいますよね。

 

そもそも、Amazonギフト券を持っていること自体が親に内緒ということもあるかもしれません。

アマゾンで買い物しないなら有効期限切れても仕方ないという親もいるでしょう。

「使わないなら返せ」と言われる可能性も高いです。

 

こんな時は、最終手段。

自分が成人するまで待ちましょう!

 

成人するまでに欲しいものが出来たら、お買い物に使ったって良いのですから。

 

Amazonギフト券は、普通に買い物するのが最もお得です。

欲しいものが出来たときのために、大事に取っておくというのも、良い選択だと言えるでしょう。

 

Amazonギフト券の有効期限には要注意!

Amazonギフト券には有効期限があります。

有効期限について確認しておきましょう。

 

2017年4月24日が境界線!Amazonギフト券の有効期限

有効期限は、発行日によって異なります。

 

【2017年4月23日以前発行のAmazonギフト券】

シートタイプのみ3年、他のタイプは全て1年が有効期限になっています。

 

【2017年4月24日以降発行のAmazonギフト券】

2017年4月24日以降は、全てのAmazonギフト券が有効期限10年です。

 

有効期限の確認方法

有効期限は、タイプによって確認方法が異なります。

 

【Amazonギフト券に記載されているタイプ】

・シートタイプ

・Eメールタイプ

・印刷タイプ

 

これらのAmazonギフト券には、ギフト番号・有効期限が記載されています。

 

【有効期限が記載されていないタイプ】

・カードタイプ

・グリーティングカードタイプ

・ボックスタイプ

 

プラスチックカードのAmazonギフト券には、有効期限の記載がありません。

これらのAmazonギフト券は、カスタマーサービス(フリーダイヤル 0120-999-373)に問い合わせると有効期限を確認できます。

 

もし、有効期限が過ぎていても、1年間延長してもらえることがありますので、カスタマーサービスに確認してみてください。

 

未成年がAmazonギフト券を買取りしてほしいなら親を巻き込め!

Amazonギフト券を未成年から買取ってくれる業者はないと考えておきましょう。

まずは、周りにAmazonギフト券を使う人がいないか探して、ダメなら親に買取サイトで取引してもらうという順番で交渉してみてください。

 

Amazonギフト券は、そのまま買い物で使うのが、最も得です。

どうしても換金したいなら、親に協力してもらいましょう。

ぜひ、この記事を参考に、親の協力交渉に成功してくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です