商品購入の他、売ることもできるamazonギフト券

お客様に以前ご投稿頂いたブログ記事を一部ご紹介いたします。

ギフト券の賢い使い方

私はamazonギフト券を日頃、よく利用しています。 私は20代まではそれほど本など読まず、年間でも数冊の小説を読む程度でした。しかし、30代に入り、妻と結婚後に二人の子供たちをもうけると、仕事の面白さや情熱も増していき、ビジネス書をどんどん読み、自ら勉強するようになったのでした。 私が普段行なっている業務は自社広告の制作と販売戦略立案業務です。このため、マーケティングや広告コピーライティング、心理学、経営戦略といったテーマのセミナーを受けたり、ビジネス書を月に5冊以上は読んでいるのです。月に5冊以上本を買うと、それなりにお金がかかるため、私は新刊や新書ばかりではなく、中古本なども頻繁に利用しています。 私は以前までは本の購入はリアル書店で買っていたのですが、自分の都合の良い時間にどこからでも買うことができるため、10年ほど前から本のほとんどを新刊、中古本に関わらずamazonから買うようにしています。amazonであれば、私が求めるたいがいの本があるため、今では他のネット書店等は一切利用せず、amazonばかりを使っています。ですので私にとってこのamazonで利用できるギフト券は大変ありがたいのです。 私がはじめてamazonギフト券を使用したのは今から5年以上前で、そのときは妻から誕生祝として、図書券代わりにもらいました。はじめはどのように使っていいのかもわかりませんでしたが、amazonサイト上で登録することで簡単に使うことができ、決済時でも選べるところが嬉しく感じました。以降はそれほど、誰かからこのamazonギフト券をもらうということはなくなりましたが、代わりに自分で他のサイトから入手するようになりました。 私は微々たるものですが、小遣いの足しに、ポイントサイトやアンケートサイトをよく利用しています。世の中には今、たくさんのポイントサイトやアンケートサイトがありますが、私は10個ほどのこうしたサイトに登録しています。登録後、メルマガなどでお知らせが来たり、アンケートが来たりするのですが、メルマガ上の企業広告をクリックするとポイントがもらえたり、アンケートに答えるとまたポイントがもらえる仕組みになっています。 各サイトともに1ポイント当たりの金額といったレートは異なりますが、ある一定のポイントに達すると、ポイント交換できるようになっていて、現金に換金できたり、商品券に換金できたり、他のポイントに換算されたりもします。こうした交換サービスの中に、amazonギフト券が含まれている場合が大変多く、私もこうしたやり方でamazonギフト券をためています。 こうしたポイントサイトやアンケートサイトから交換されたamazonギフト券は、交換時にすぐにもらえることもあれば、1、2か月待ってから発行されることもあり、各社様々です。そして、amazonギフト券が発行されると、メール上にギフトコードが記載されているため、それを登録するとギフト分の残高表示が画面に映ります。 amazonギフト券は私のように本ばかりではなく、あらゆる商品に対応が可能なため、図書券というよりは商品券に近い存在です。Amazonから商品を購入するためカートに入れ、決済画面に進んでいくと、支払方法を選べる画面になります。カード決済や代金引き取りなどがあるほか、このamazonギフト券から支払することも選べます。たとえば800円の商品を購入する際、1000円のamazonギフト券を使用するとき、200円が残高として残ります。このあたりは商品券とは違うため、ギフト額を目いっぱい使えるところがありがたいところです。

amazonギフト券は売る事も出来る!

このように、何かと嬉しいamazonギフト券ですが、私のように商品購入の際に利用するだけではなく、amazonギフト券そのものを売り、現金化する方法もあるのです。 世の中にはamazonギフト券買取業者も多数現れてきました。こうした買取業者のサービス比較、料金比較を行うサイトまであり、買い取り自体、今ではなんら珍しいことではなくなってきました。 その中でも、買取本舗は別格に高額で買取をしてくれた印象があります。 また、カードタイプのものと印刷タイプのものもありますが、どのタイプでも買取してくれるのが嬉しいですね。 カードタイプというのは、カードを注文後、通常の配送かコンビニ受け取りで配送されるもので、グリーティングカードのようなものもあります。コンビニなどで売られているカードタイプのamazonギフト券は、カード自体を売っているものもあれば、店内の自販機で購入するレシートタイプのものもあります。 一方、印刷タイプというのは、ギフト券がPDF形式になってメールに添付されているもので、それを印刷して、ギフトとして使用します。カードタイプ同様、印刷タイプにもグリーティングカードタイプのものもあります。 買い取りは、Eメールタイプで再送可能なものが一番、買取率が高い場合が多く、入金までの時間も比較的短くなっています。 このように、amazonギフト券の買い取りは、種類によって買取率や入金までの時間がそれぞれ違い、各業者によってもまた違うため、比較サイト等でしっかり調べて利用することをお勧めしますが、経験者からいうと「買取本舗」は対応、スピード、買取率の全てが一番優良でした。是非販売を考えている方がいれば、是非私の意見も参考にされてみて下さい。   以上のようにブログにでご紹介を頂きました。 ありがとうございます! ご投稿の通り、買取本舗ではどこよりも高い買取を目指しております。 また、買取はamazonギフト券のみならず、iTunesカードや、GooglePlayカードなども高額買取りしておりますので、まずはご相談だけでもお待ちしております!
    トップへ戻る
    ;