amazonギフト券の購入方法などについて

人に何かプレゼントをしたいけれども「現金を贈るのはちょっと抵抗が」と思った場合に、「amazonギフト券」を贈るという方法があります。 最近ではamazonでのショッピングに利用できるamazonギフト券は、若い人を中心に人気がある商品です。 購入も利用方法も簡単なamazonギフト券ですが、問題点はあるのでしょうか。  

■購入する際の問題点とは

amazonギフト券は、安くお得に購入する方法が幾つかあります。 より安く購入する為にオークションを利用する人も多いのですが、こちらも問題点が多くあります。 オークションでは個人が出品していることもあり、連絡がスムーズに取れないというトラブルは茶飯事です。 一番多いのが「ノークレームノーリターン」で購入したところ、有効期限がすぐに迫っていた、というトラブルです。 amazonギフト券の有効期限は登録してみないと分からないので、必ず確認しておきましょう。 そして中には番号が間違っていたり、既に使用済で登録できないというケースもあります。 クレームを入れても「ちゃんと確認済みで出品した」「証拠がない」などの理由で返金して貰えないこともあります。 オークションで購入する場合は出品者の評価を良く見て、信頼できるかどうかを調べます。 できればオークションよりも値段は高くなりますが、「amaten」「ギフティッシュ」「ギフトレ」などのギフト券専門サイトを利用した方が良いでしょう。  

■ギフト券を利用する際の問題点とは

amazonギフト券は、自分のamazonアカウントに番号を登録することで、現金やクレジットカードの代わりに簡単に支払いが行える商品です。 カードタイプ、シートタイプ、Eメールタイプがあり、Eメールで番号を通知するだけで人にプレゼントすることができるのです。 手軽なギフト券ではありますが、インターネットを使用する上での問題点もあります。 代表的な問題点として、登録しておいた筈のamazonギフト券の残高がなくなてしまった、というケースがあります。 これは、他人が自分になりすましてアカウントにログインして、勝手にショッピングをしてしまったことによるものです。 形のある消費ではなくデジタルコンテンツなどで利用されるので、気が付かないことが多いのです。 この場合amazonギフト券を登録してしばらくすると、amazonからメールが届きます。 これはフィッシングメールなのですが、うっかり開いてしまうことでアカウント情報を盗まれてしまうのです。 amazonからのメールは公式サイトに記載されている「amazon.co.jp」等のドメインを使用しているか確認して、それ以外の場合は、本文のURLをクリックしない様にします。 この手のトラブルでは警察に届けてもお金が戻ってくることはまずありません。 amazonは誰でもログイン可能なサイトですので、パスワードは定期的に変えて自己管理をしっかりとする必要があります。 amazonギフト券は、信頼のできる場所で購入した方が万が一のトラブルを避けることができます。 利用する際には登録しっぱなしにせずに、欲しいものと購入予定日を決めておきましょう。 有効期限に注意して、半年以内を目安に使用した方がサイバート犯罪に遭う確率も少なくなります。 またここ最近では別の形として、前述のamatenなどから購入したギフト券の中には、違法な手段で手に入れたamazonギフト券というものが多く出品されております。 これらを購入してアカウントに登録してしまうと、該当のギフト券が凍結されたり最悪の場合はアカウント自体が利用停止となる場合がありますので、こうしたサイトの利用はリスクがあるものと認識して利用するようにしましょう。 こうした注意点や問題点を認識したうえで、自分に合った方法でamazonギフト券の購入や使用を行いましょう。  
トップへ戻る
;