タイプ別有効期限に気を付けましょう

残っているけど使うつもりがなく、どうすればいいのか迷っている人にとって、amazonギフト券の有効期限には十分気を付けなければなりません。 もしまだ有効期限が切れていない状態でもそのまま放置していると、有効期限切れでその価値を失ってしまうこともあります。 そうならないためにも、しっかり期限のチェックと使わないのであれば当店などへ早めに売りに出すことを考えてください。  

■有効期限は発行するタイプの違いがある

発行されているamazonギフト券には、有効期限の違いが用意されているので、そのタイミングには気をつけることになります。 基本的にメール式で発行されているものや、印刷することによって発行できるもの、更にはカードのタイプで販売されているものは1年です。 有効期限を過ぎると価値がなくなってしまい、意味のないただの英数字となってしまうため、もし今必要ないのであれば期限が切れるその前に売りに出すことを考え、速やかにお金に変えたほうが賢明です。 法人用として販売されているamazonギフト券もありますが、こちらは2年間の有効期限を持っています。 何かの企業の販促品やキャンペーンなどで配布されるタイプが法人タイプと言われるものです。 最後にシート式があります。コンビニの店頭に置かれている端末から操作して購入するタイプで、結構珍しいものです。こちらは3年間の有効期限が設定されているので、一番長く利用することが出来ます。  

■有効期限が短いと買取にも影響がある?

よく買取の際に有効期限ギリギリのものは買取金額に影響あるの?とお問合せを頂くことがあります。 基本的に買取本舗では有効期限によって換金率が変わるなどという事はありません。 どんな時で高換金率を保証させて頂きますので、有効期限があと1ヵ月しかないなんて方でも即日で高額買取が可能です。 ただやはり、有効期限があと数日で切れてしまうものや、基本的に10日を切ったものは買取出来ない場合があります。 よって買取の際に注意しないと駄目なことは、ある程度の有効期限がある事が前提になります。 万一、あと数日などというギフト券をお持ちの場合でも一度ご相談下さい。 有効期限延長の裏ワザを伝授いたします。 有効期限を延長すれば、買取不可だったamazonギフト券を買取ることが可能です。 Eメールタイプのように期限が1年間のamazonギフト券の場合、使用せず放置していると1年はあっという間に過ぎてしまうため十分注意が必要です。 そうなっても買取本舗であれば対応可能なので、まずはお気軽にご相談下さい。
トップへ戻る
;