amazonギフト券をオークションで買っても大丈夫?

いつもご利用ありがとうございます。 amazonギフト券・iTunesカード・GooglePlayカード買取ショップの「買取本舗」です。 本日は買取などの売却する方ではなく、購入する側について記事にしてみたいと思います。 手軽に購入することが出来るamazonギフト券ですが、販売されているところは公式サイトやコンビニなどだけではありません。 ネット上でも購入できるようになっていて、手軽に手に入れることができるメリットを持っています。 しかしオークションのように、販売している人が何をしているのかわかりづらいところで、本当に買っても大丈夫なのかは気になるところです。 本日はオークションでamazonギフト券を購入する際の注意点について着目してみました。

■使用済みが売られていることもある

オークションで、金券は詐欺に利用されることがあるとされています。 実際に持っていないのに販売されているケースが有ることや、販売されているものがすでに利用されていて、登録してもプラスにならないこともあります。 これらの問題は起こりやすいとされているのですが、特にamazonギフト券はその可能性があります。 具体的な方法については、すでに登録しているIDをメモしており、そのメモしているものを売却します。 価格はかなり安いように設定して、落札されることを目指していますが、実際に登録してもIDが登録済みとされていて、ギフト券が登録できないままとなります。 これによって詐欺行為に発展していることがあるので、もしそのような状態になっているなら注意をすることとなります。  

■評価を見てから落札しておこう

落札する際の注意点としては、評価を見てから落札することを考えてください。 評価を見ないまま行ってしまうと、実際に落札しようと思ってもかなり悪い人と出会ってしまい、詐欺行為になってしまうこともあります。 amazonギフト券は多くの人が出品していますが、評価の高い人はそれだけ安心して取引できると判断できますから、問題なく取引をしたいと思っているなら評価を見てください。 この数字が大きくなっていて、マイナスがあまり高くない人を選んでください。 高いけどマイナスの回数が圧倒的に多くなっていることは、何らかのトラブルを起こしていることがあります。 勝手に付けられていることがありますので、その場合はなぜマイナスになっているのか見ておけばいいですが、出品の時にマイナスがあり、それが半年以内に行われているならよく考えておく必要もあります。  

■amazonギフト券の額にも気をつけよう

詐欺行為を行っている場合は、比較的高い数字が使われていることが多く、安いもので行おうという気持ちはありません。 オークションで落札する場合は、安いamazonギフト券を狙っていくことが望ましく、出来る限り高いものを避けておくといいです。 本来なら高いものを購入して、それを元手に売却するとか、販売する方法も考えたいところですが、高額なものはリスクがそれなりに高いのです。 安いものならリスクは小さくなりますから、無理をすることなく落札ができるようになります。 多少安いものを購入して、複数もっているなら出してもらうことで、求めている金額を手に入れることができます。 後は取引を円滑に進められれば、問題なく取引は完了できます。 以上がオークションで取引を行う上での注意点です。 他にも細かい点がありますが、大きくこの辺に注意して取引を行えばトラブルになる事は少ないでしょう。
トップへ戻る
;