本日6月15日は…「暑中見舞いの日」となっております。

1950(昭和25)年に、暑中見舞いはがきが初めて発売されたそうです。40億枚以上発行される年賀状に比べると発行枚数はかなり少ないですが、暑中見舞いもポピュラーな季節の挨拶状のひとつですよね。発売当時のデザインや届いた時の反応はどうだったのか凄く気になります。 暑中見舞いを送るタイミングは一般的に梅雨明け後から立秋頃で、立秋を過ぎてからは残暑見舞となります。

画像は、つい先日にさいたまスーパーアリーナで12年にもわたった長いアイドル活動に幕を下した℃-uteが、キャンディーズの大ヒット曲「暑中お見舞い申し上げます」をカヴァーした際のCDジャケットです。ちなみにカップリング曲のタイトルは「残暑お見舞い申し上げます」なんですよ!という情報を提供したかったわけではありません…(汗)

終わりあれば始まりもあり!今回は、初心にかえってamazonギフト券を現金化する際のポイントを再考してまいりましょう。

基本中の基本からおさらいしていきます

まず「買取本舗」が声を大にして皆様に言いたいのは、「使わないamazonギフト券を放っておくことはとんでもなく勿体ない」ということです!!当店のブログを読んでいらっしゃる方は少なからず、amazonギフト券の現金化に興味があり、もしくは高く換金できる方法を探求しているのではないかと思います。

では、さっそく質問です。

「amazonギフト券を現金化する際、もっとも人気のあるタイプの券種はどれでしょうか?」

1.カードタイプ

2.Eメールタイプ

3.バリアブルタイプ

正解は…2.Eメールタイプです。

何故Eメールタイプamazonギフト券が人気なのか?

Eメールタイプはなぜ、人気のamazonギフト券なのでしょうか。その理由は、利用するメリットの多さにあります。その人気は現金化用途だけにとどまらず自分用に使うユーザーも数多く存在しています。そして、プレゼント用のギフト券としても使い勝手の良い機能があることもEメールタイプの人気の秘訣です。

ここで、Eメールタイプの詳細や利点もおさらいしておきましょう
Eメールタイプのamazonギフト券の主な詳細
販売場所 オンラインストア
支払い方法 クレジットカードのみ
金額 15円~50万円(金額指定可)
有効期限 10年間
限定の機能 送信予約・画像アップロード

では、上記の表を元に詳細をおさらいしていきましょう。Eメールタイプのamazonギフト券はクレジットカードのみで購入ができます。コンビニや店頭にあるamazonギフト券の様に現金で支払うことはできません。しかし、現金化の場合そこにこそ重要なポイントがあるんです。そもそもクレジットカードを持っていなければ買えませんので、未成年や他人で買えるわけもなく、身分がしっかりしていることの証明になります。現金化する際には身分の確認が必須となりますので有利なポイントのひとつと捉えてよいでしょう。また15円から50万円の購入金額の幅もクレジットカードならではの利点ですよね。

Eメールタイプは支払方法以外のメリットも盛りだくさん
<最短5分で購入ができちゃいます>

Eメールタイプのamazonギフト券の場合は購入からアカウント登録まで最短5分で完了することが可能です。購入からEメールタイプが手元に届くまでの所要時間はおよそ1~2分です。届くギフト券は、ギフト券番号ですので登録もスムーズに行えます。アカウント登録の方も1分ほどで完了しますので、5分以内にギフト券を利用することだって可能です。

<金額指定だってできるんです>

購入金額の幅が広いEメールタイプは、15円~50万円の間を細かく1円単位で指定ができるんです。金額指定ができるという利点は、ショッピング用途で自分で使う場合に特に役に立ちます。以前のギフト券残高を使い切りたいときに、差額分ピッタリにして買うことができるのです。欲しい商品代金分ピッタリに買うことで、残高が出ることなく商品購入が出来ますので1円も無駄にしません。

<無駄遣いの防止にも使えます>

決まった額のEメールタイプのamazonギフト券を購入することで、買い物の上限を決めておくことができます。確かにクレジットカードでの購入はスムーズで便利ですが、デメリットとして使いすぎてしまう可能性があります。amazonギフト券でのショッピングの際にEメールタイプを利用して上限を定めておく、この方法もオススメですよ。

<ポイントがダブルで貯まっちゃう>

クレジットカードでEメールタイプを購入すると、当然クレジットカードのポイントが貯まりますよね?そして、そのギフト券で商品を購入するとどうなると思いますか?そうです!amazonのポイントも貯まるんです!これがダブルでポイントが貯まるという仕組みになります。

<住所を知らなくても送れるんです>

プレゼントをしたい場合、住所がわからなくてもメールアドレスを知っていればプレゼントが可能です。送料がかかりませんのでら、離れた友人の誕生日にも役立ちそうですね。

<送信の予約までできちゃうんです>

Eメールタイプのamazonギフト券の場合には、送信の予約ができます。これはEメールタイプ限定の機能になります。予約できることで、誕生日や祝い事の贈り物を忘れる心配がありません。有効期限は送信日から10年間となりますので期限の面でも問題ないでしょう。

<画像をアップロードして楽しめる>

PCや携帯に持っている画像(いわゆる画像ファイル)をデザインとして利用することができる機能もあります。画像アップロード機能があることで無限にデザインがあるということになります。

amazonギフト券Eメールタイプを購入する前にしておくこと

<クレジットカードの残高を確認しておく>

Eメールタイプのギフト券を買う前はクレジットカード会社にショッピング枠残高の確認を必ずしておきましょう。自身がお持ちのカードなですので残りのショッピング枠残高ぐらい把握していると過信されている場合が多いのですが、実際には想像しているよりも少ないことがよくあります。その結果、クレジットカードのショッピング枠残高不足でEメールタイプのギフト券が買えなかったという事態が起こります。買えない人の大半の理由が残高不足によるものですので、過信せずにまず現状の確認をしておきましょう。

<カード会社に届けている個人情報を確認する>

amazonギフト券Eメールタイプはクレジット決済でしか購入することができないことは先述でもお話をいたしましたが、最終的な判断はクレジットカード会社が認証しませんと受信をすることができません。そして、amazonギフト券Eメールタイプを買う時には使用するカードのクレジット情報以外にカード名義人の電話番号とお住まいを入力する必要があります。名義人以外にアマゾンギフト券を購入させないため、カードを発行する際に契約書に明記した情報を基に認証しますので個人情報が当てはまらない場合は指定のメアドに受信されません。実際にカード名義人がEメールタイプを購入しようと手続きを行ったとしてもクレジット会社に登録している情報が一致しないとamazonギフト券を買うことができないのです。セキュリティ的に考えると当然のことなのですが、もしamazonギフト券Eメールタイプを用いての現金化を検討されているのであれば、もう一度クレジットカード会社に届けている個人情報を正確に確認しておいてください。こういった事前の準備がスムーズな取引に繋がります。

便利なamazonギフト券ですが、色々と気を付けないといけない点もあります。
買取してもらうときにも大事なポイントなので、しっかりと押さえましょう。

amazonギフト券Eメールタイプの購入後に気をつけること

<有効期限を把握しておく>

amazonギフト券には有効期限があります。
その有効期限が切れてしまうと使いものにならなくなります。
有効期限の長さは2017年4月24日より10年に延長になりましたが、気をつけなければならないのは今も同じです。

amazonギフト券種 2017年4月24日以降の発行 2017年4月23日以前の発行
シート(印刷)タイプ 一律で発行日より10年間 発行(購入)日より3年間
法人向けタイプ 発行(購入)日より2年間
Eメールタイプ 発行(購入)日より1年間
カードタイプ 発行(購入)日より1年間
チャージタイプ 発行(購入)日より1年間
ボックスタイプ 発行(購入)日より1年間
封筒タイプ 発行(購入)日より1年間
マルチパック 発行(購入)日より1年間
グリーティングカードタイプ 発行(購入)日より1年間

有効期限はギフト券を発行した日から数えます。コンビニで購入する場合は、レジで決済したときからの換算になります。
有効期限が分からなければ、amazonアカウントにチャージすることで確認できます。次項でもお話しますがアカウントにチャージした時点でそのギフト券の買取はできなくなりますのでご注意を。

<一度登録すると戻せない(買取できない)>

amazonアカウントにギフト券の番号を打ち込むと、その額面がチャージされます。しかし一度登録してしまうと戻すことは不可能です。未使用のamazonギフト券のままだったら買い取ってもらえたかもしれないのに、自分のアカウントに登録してしまったばかりに戻せなくなってしまうのです。その、チャージしたギフト券でamazon内で買い物をして、買った商品を売却することで理屈的には現金化が可能にはなりますが、還元率も悪いのであきらめて普通に欲しいもの買った方がよいです。

<ギフト券を使用する場所>

Eメールタイプに限らずamazonギフト券はamazonのみでしか使えないギフト券ですので、他のショッピングサイトでは決済で使用することができません。このように書くと使い勝手が悪いギフト券のように見えますが、amazonの商品ラインナップはとても幅広いのでショッピングの際に困ることはまずないでしょう。amazonクレジットカード会員特典や、プライム会員のみの特典もありますので頻繁にショッピングをするのであれば入会しておいて損はありません。

<ギフト券番号の管理>

Eメールタイプの場合、メールを盗み見られることによって、他人に番号を盗まれてしまう危険性があります。ログインを容易にするためパスワードを暗記させているPCなどで起こりやすい事例ですので、パスワードとメールの管理を徹底して行って下さい。

amazonギフト券の現金化で知っておくべきポイント集~Eメールタイプ編~のまとめ

現金化だけでなくショッピングでも人気のamazonギフト券Eメールタイプは、やはり便利で使い勝手の良い券種です。現金化の際の換金率もトップランクですので、amazonギフト券の王様といっても過言ではないでしょう。

我が「買取本舗」では、皆様のより良い生活とハッピーな人生を願い、使用していないamazonギフト券、Google Playギフトカード、iTunesカードを高額で買取りさせていただきます!

詳細はホームページのトップへどうぞ!!